日本は血縁を重んじる社会制度で成り立ってます。

血縁者がいない、頼りたくない方がん患者を支援します。

一時退避スペース準備中

がん診断後の支援

  • 1
    診断、治療法等の判断に必要な情報提供
  • 2
    セカンドオピニオンへの同行
  • 一時退避の提供
  • 入院準備、入院から退院までの支援
  • 退院後の支援
  • 希望する個別支援

がんと診断されてからでは遅い、二人に一人ががん診断を受ける時代 事前準備をしよう
がんの事前準備をして一生使うことが無かったらそれはそれで幸せなこと

  • 1
    がん検診をどこに受ける?
  • 2
    文字を消したい場合は「BackSpace」キーを押してください
  • 3
    治療方法は
  • 4
    セカンドオピニオンを有効に生かす
  • 5
    治療が決まったら準備すること。
  • 6
    抗がん剤の副作用
  • リストアイテム

支援について

  • 留守宅の管理(ペット、植物等の世話)
  • 抗がん剤治療中、退院後の一時受け入れ。
  • 終末期の看取り
  • その他個別ご要望
  • がん情報
  • セカンドオピニオンの付き添い
  • 入院準備
  • 保証人
  • 抗がん剤治療、再診の付き添い
  • 処方薬代理受取
  • 入院、抗がん剤治療、退院後の生活支援
  •  
  •  

快福室のご案内

  • 1
    術後や抗がん剤治療の副作用下の暮らしの不安を支援
  • 2
    通院、処方箋受け取り支援

シェアハウス計画

人生の最期を病院の閉ざされた空間から解放され、人の生活の息づかいのある場所で私は死にたい。

千葉敦子さんはニューヨークで最期まで映画を見たり、食事に出かけたり、自分の人生を謳歌。彼女は日本ではがん患者は患者として生きなければならないことを要求される。これに意義を、そしてニューヨークで人間として最期の日々を送った。私は人間らしく最期を迎えるための場所を提供することを最大の人生の目標としている。おひとりさまは住み慣れた我が家で最期を迎えたいと希望しても難しい中で、せめて病院の天井ではなく、人生の最期を病院の閉ざされた空間から解放され、人の生活の息づかいのある場所で私は死にたいと願うように多くのおひとりさまも共感される。だからそのようなファミリーホームを作りたいと考えている。

 千葉敦子さんはニューヨークで最期まで映画を見たり、食事に出かけたり、自分の人生を謳歌。彼女は日本ではがん患者は患者として生きなければならないことを要求される。これに意義を、そしてニューヨークで人間として最期の日々を送った。私は人間らしく最期を迎えるための場所を提供することを人生の最後の目標として、今準備を始めている。

 がん快福支援は現在の公的支援では不足している支援を行ってます。(医療、介護保険の対象外です、自己負担となります)

がん診断後の不安を少しでも取り除き、不安なく暮らすための支援です。

退院後や体調不良や不安時の受け入れを行います。

おひとりさまが術後自宅で日常生活を取り戻すには時間が必要です。

それぞれ個別に伺って支援を行うことは費用負担も大きいので、こちらのスペースをご利用頂くことで費用負担を抑えたいと考えてます。

緊急時対応についてはご利用者が治療を受けた医療機関、または当団体の近隣医療機関への受け入れ体制を整えます。

訪問看護や介護(がんで利用可能な場合)については協力関係にある訪問看護ステーション、ケアマネジャー、介護事業所を利用します。