生涯未婚・配偶者死別(ボツイチ)・離別(バツイチ)子供無し・内縁関係無・血縁に頼らない

おひとりさま、ひとり一人のご要望にあわせた支援

おひとりさまの老後を守る 任意後見制度と後見人の選び方

#おひとりさまは個人への依頼は避ける。理由は依頼先死亡で契約は終了。意志は継続できず宙ぶらりん。依頼先が法人、団体だと組織が消滅しない限り有効。選び方が重要。

  •  

  • おひとりさまの終の棲家建築計画

  • おひとりさまの飼い猫の未来 ペットの将来も考えよう。

  • 新聞、週刊誌の数年前までは考えられなかった、終活、特集。
  • 民法改正、血縁主義が一段と色濃くなって、見捨てられるおひとりさま

 

おひとりさまの終の棲家(共同住宅建築計画) 悠縁の杜実現へ

血縁社会の日本、結婚しない、子供も産まないのは非国民と罵られ、不公平さを人一番感じるおひとりさまへ。
暮らしにくい社会にあって、漫然と待っていては、何も代わりません。
社会制度の整うのを待つのではなく、自らおひとりさまが暮らしやすい社会環境をご一緒に整えていきませんか。

悠縁の杜はおひとりさまの共同体・コミュニティ         
生涯未婚・配偶者死別(ボツイチ)・離別(バツイチ)子供無し・内縁関係無・血縁に頼らない

おひとりさまサロン開催
毎月第1金曜日10時30分~12時 会場:おひとりさま支援室  参加費:500円
 

トピックス 最新情報

  • 1
    おひとりさまの終の棲家建築計画
  • 2
    一筋縄ではいかないおひとりさまの終活、負動産になるリスク
  • 3
    延命治療を考える。
  • 4
    年末の雑感
  • 5
    不公平な国 にっぽん
詳しくはこちらをクリック

おひとりさま、人に迷惑をかけないために、自分の資産を使おう。

遺産の行方

おひとりさまが意思表示をしていなかったら、遺された物は全て、まずは血縁者に、血縁者がいなければ国庫に

そんな血族というだけで受け取れてしまう不条理。配偶者控除をはじめとする諸々の施策からはじき出され納税だけはしてきたおひとりさまの財産を国や市町村の財政に機械的に組み込まれ、全くどう使われたか不明のままなんて納得いきますか。

これらに不条理を感じるなら、遺言書等で自分自身の意思を表明しなければならないのだ。

孤立、孤独死、何が悪い。

死後、何日も発見されないのは確かに周囲に大迷惑である。迷惑にならない様、安否確認を定期的にしてくれる人を決めれば問題は無いだろう。ひとりで地域の人間関係と一歩引いて生きるのが何故悪い。

生まれるときも、逝くときもひとり

ひとりで生まれ、ひとりで死んでいく。だが、誰かの助けがなければ生まれることも逝くこともできない。そのことをしっかりと心に留めて準備だけはしよう。終活は無意味という人、その人には家族がいるのだ。家族のいない、血縁に頼らないおひとりさまは、「終活は無駄」という世迷い言に惑わされてはいけない。

おひとりさま支援共同体・コミュニティ 悠縁の杜

おひとりさまが暮らしにくい社会をおひとりさま同士が互いに共助、自助の気持ちで支えあう社会の創造を目指してます。「悠縁」という血縁でも地縁でもないお互いが尊重し協力し合う新しい縁です。

新しい縁

いろいろな生き方があって、家族の多様性を認める社会を希望する。血縁の繋がりだけで一括りにする社会は余りにも窮屈。養子縁組、里親、同性婚と血縁だけでない繋がり、そして一人ひとりが人間として自立する社会を私は悠縁社会として育んでいる。

 

何を遺すか?

生涯未婚、何を遺しますか?

死んで花実は咲かない

今、生きている時を大切にしたい。

おひとりさまの看取りとリビングウィルアンケートのご協力のお願い

リビングウィルファイル

①メールohitorisama@ark.ocn.ne.jpに、ご住所とお名前の登録

②アンケート用紙を登録住所へ送ります。

③アンケートを記入してご返送ください。

④リビングウィルクリアファイルを送ります。

中見出し